叩き舟形に博多織福林花緒 2018年7月7日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

叩き舟形に博多織福林花緒

叩き舟形に博多織福林花緒

今日の一足夜の部は叩き舟形に博多織福林花緒をすげた下駄です。

新しい試みの下駄です。市松塗りで叩きと大艶を交互に組み合わせた物が既にラインナップにありましたが、一面叩きでご用意してみました。

叩く事で表面に凹凸が出来るということがなにより塗りっぱなしとは違うところ。独特なマット感が出て、それが滑り止めにもなる実用的な面もある塗り方です。シンプルな黒塗りと言えども侮れませんね。

花緒は悩むところ。

より使い道の幅を広くという雰囲気のある博多織の花緒に。黒台に黒の独鈷柄で統一感あり。赤ツボのお色気が活きますね~

今日の一足・トップへ

叩き舟形に博多織福林花緒 前壷
叩き舟形に博多織福林花緒
叩き舟形に博多織福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。