本南部地長表雪駄に交差縞柄ふすべ印伝花緒 2018年7月2日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

本南部地長表雪駄に交差縞柄ふすべ印伝花緒

本南部地長表雪駄に交差縞柄ふすべ印伝花緒

今日の一足は本南部地長表雪駄に交差縞柄ふすべ印伝花緒をすげた雪駄です。

以前SNSの方で昭和10年と書かれた畳表をご紹介させて頂きましたが、それが雪駄となり、履いて頂く時が来ました。

南部表の通称「地長【じなが】」と呼ばれる最高峰のクラスの畳表です。簡単に要約すると、地=地の物=国産、長=出来の良い物、というような意味があります。※対してチャン長と呼ばれるものもあります・・・

それにしても、説明不要の畳表の美しさですね。

これにすげる花緒は・・・これも色々あっても、やはりこういう見立てが一番ではないか、というところ。ふすべの細花緒なら不足はないでしょう。

履くのをためらうような。そんな雪駄です。

今日の一足・トップへ

本南部地長表雪駄に交差縞柄ふすべ印伝花緒 前壷
本南部地長表雪駄に交差縞柄ふすべ印伝花緒
本南部地長表雪駄に交差縞柄ふすべ印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。