鎌倉彫相右近にぼかし縞柄福林花緒 2018年5月14日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

鎌倉彫相右近にぼかし縞柄福林花緒

鎌倉彫相右近にぼかし縞柄福林花緒

今日の一足は鎌倉彫相右近にぼかし縞柄福林花緒をすげた下駄です。

長く愛される仕上げ方といえば、白木や黒塗り・焼きといったところが王道だと思いますが、そう考えた時に、いつもある加工物として鎌倉彫というのは親しまれていると思います。

柄と刀痕に趣があり、履き心地もまた・・・というところ。

どちらかといえば台の柄を楽しむ趣向があり、無地や縞といったシンプルな花緒をお見立て頂く場合が多いように思います。

こちらはそんな無地・縞のぼかしパターンで嫌みなく。ピッタリのお見立てでした。

今日の一足・トップへ

鎌倉彫相右近にぼかし縞柄福林花緒 前壷
鎌倉彫相右近にぼかし縞柄福林花緒
鎌倉彫相右近にぼかし縞柄福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。