捌き芳町に紬内玉花緒 2018年2月17日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

捌き芳町に紬内玉花緒

捌き芳町に紬内玉花緒

今日の一足は捌き芳町に紬内玉花緒をすげた下駄です。

こちらはオーソドックスな黒塗りの下駄。

大昔などは下駄に塗りを施すというのは贅沢なイメージがあったと思います。「黒塗り」という表現に少し高級感があるのはそのせいだと思いますが、今は「お好みで」というぐらいお求めやすくなってます。

素足で履いても良し、足袋でも良しというところで気軽に履ける仕上げ方の一つだと思います。

花緒は表地の紬地が落ち着いた印象で、裏地・ツボの臙脂が黒塗りの台に映える格好にまとまりました。

今日の一足・トップへ

捌き芳町に紬内玉花緒 前壷
捌き芳町に紬内玉花緒
捌き芳町に紬内玉花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。