パナマ市松草履に鹿の子柄二石花緒 2018年2月6日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

パナマ市松草履に鹿の子柄二石花緒

パナマ市松草履に鹿の子柄二石花緒

今日の一足はパナマ市松草履に鹿の子柄二石花緒をすげた草履です。

下駄で「突っかけスタイル」を実践していたお客様。次は草履で、というところ。

花緒のすがった形がいかにも「突っかけ」に見えますね。足が入らない感じです。突っかけで履くとすると、花緒が当たるのは指の第一関節辺りがベストポジション?だと思います。同一のポジションで履き続け、花緒ダコが盛り上がってくると履きこんでいるな~という足になります。それが一つのステータスとされた時代もあったのではないでしょうか。

花緒が細い二石というのも突っかけスタイルには相応しいお見立てだと思います。

爽やかなお見立てでした。

今日の一足・トップへ

パナマ市松草履に鹿の子柄二石花緒 前壷
パナマ市松草履に鹿の子柄二石花緒
パナマ市松草履に鹿の子柄二石花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。