南部表雪駄に蜻蛉柄印伝福林花緒 2017年8月22日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

南部表雪駄に蜻蛉柄印伝福林花緒

南部表雪駄に蜻蛉柄印伝福林花緒

今日の一足は南部表雪駄に蜻蛉柄印伝福林花緒をすげた雪駄です。

王道の茶畳の表に印伝の細花緒の組み合わせ。

・・・ですが、他と異なるのはその大きさでしょうか・・・

我々も扱う事は少ないサイズなのですが、9寸の雪駄になります。通常大きいほど編み目は粗くなりがちなのですが、そこはしっかりとした作り込みで8寸などと遜色ない仕上がり。お相撲さんなども履かれるサイズなのでその辺り気を使って作られているような印象すら受けます。

黒地に赤漆の蜻蛉柄花緒で渋く洒落た雪駄に仕上がっています。

今日の一足・トップへ

南部表雪駄に蜻蛉柄印伝福林花緒 前壷
南部表雪駄に蜻蛉柄印伝福林花緒
南部表雪駄に蜻蛉柄印伝福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。