紋紗塗り真角にエナメル丸花緒 2016年12月1日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

紋紗塗り真角にエナメル丸花緒

紋紗塗り真角にエナメル丸花緒

今日の一足は紋紗塗り真角にエナメル丸花緒をすげた下駄です。

津軽塗の技法の一つ、紋紗塗りの真角が度々の登場です。

台のインパクトの強さ故、花緒のお見立てが逆に難しいという難はありますが、毎度毎度そこはお客様の方がその壁を乗り越える素晴らしいお見立てを見せて頂いています。

革の無地で。ということでしたのでエナメルをお見せすると、ちょうどそれがピタリでした。

紋紗塗りの方は艶消しの黒ですので、どちらかというとグレーっぽく見えるので、花緒はエナメルのグレーで。

なんというか、車のようなカッコ良さですね。

今日の一足・トップへ

紋紗塗り真角にエナメル丸花緒 前壷
紋紗塗り真角にエナメル丸花緒
紋紗塗り真角にエナメル丸花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。