焼き芳町に鹿の子柄江戸褄二石花緒 2016年11月27日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

焼き芳町に鹿の子柄江戸褄二石花緒

焼き芳町に鹿の子柄江戸褄二石花緒

今日の一足は焼き芳町に鹿の子柄江戸褄二石花緒をすげた下駄です。

先日入ってきたヴィンテージ物?の二石花緒です。

二石というのは細く仕立てるもの、らしく、二石というと見かけ10mmほどの細さで仕立てられます。細い花緒というのは仕立てるのに難しく技術が要るようで、今では喜んでやってくれるような職人さんは少数派となっている状況です。

そんなただでさえ高難度な細花緒なのですが、こちらはさらに江戸褄といって切り継ぎで仕立てたもの。

これはちょっと自分も見たことはありませんでした。

こういう品物を見ると「昔の職人さんはすごいなぁ~」とどうしても思ってしまいますね。

今日の一足・トップへ

焼き芳町に鹿の子柄江戸褄二石花緒 前壷
焼き芳町に鹿の子柄江戸褄二石花緒
焼き芳町に鹿の子柄江戸褄二石花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。