幅狭・後一南部烏表雪駄に葡萄柄印伝花緒 2016年5月24日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

幅狭・後一南部烏表雪駄に葡萄柄印伝花緒

幅狭・後一南部烏表雪駄に葡萄柄印伝花緒

今日の一足は幅狭・後一南部烏表雪駄に葡萄柄印伝花緒をすげた雪駄です。

こだわりの仕立てです。

幅狭の表を後一で仕立てた雪駄で、より細く・スッキリとみせる仕立て方です。

踵が低い(後一)の方が歩きづらい、というのが定説ではありますが、突っかけて履く方にしてみると、逆にカサネが高い方が踵に当たるような気がします。

そのあたりの折り合いがついたバランスの良さが後一の魅力でもあると思います。

花緒は緑地に白漆の葡萄柄の印伝。

踵にはもちろんベタガネでチャラチャラ仕様です。

今日の一足・トップへ

幅狭・後一南部烏表雪駄に葡萄柄印伝花緒 前壷
幅狭・後一南部烏表雪駄に葡萄柄印伝花緒
幅狭・後一南部烏表雪駄に葡萄柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。