真角に葡萄柄印伝花緒 2016年5月12日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

真角に葡萄柄印伝花緒

真角に葡萄柄印伝花緒

今日の一足は真角に葡萄柄印伝花緒をすげた下駄です。

粋に~ということで真角×印伝の細花緒の組み合わせ。

もうど真ん中という感じで直球です。

細い革花緒というのはあまり履いて履き心地の良いものではありませんが、見た目・・・それも脱いだ時の見た目なのだと思います。これが良いですね。

太い花緒に比べて余分な所をそぎ落とした、という印象があります。

この「無駄を省く」という部分が江戸っ子に好かれていたのでは、と想像してしまいます。

ビシッと決まった真角です。

今日の一足・トップへ

真角に葡萄柄印伝花緒 前壷
真角に葡萄柄印伝花緒
真角に葡萄柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。