パナマ表草履に変わり市松柄印伝丸花緒 2015年12月2日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

パナマ表草履に変わり市松柄印伝丸花緒

パナマ表草履に変わり市松柄印伝丸花緒

今日の一足はパナマ表草履に変わり市松柄印伝丸花緒をすげた草履です。

昨日と同じ京都御一行様。

印伝の丸花緒が良い、という少々マニアックなご注文。

丸というのはその生地グルリ一周丸々仕立てる方法。無地物では定番なのですが、柄物で丸というのはなかなかありません。

というのも、裏地を付けないと履き心地にも影響が出てくるから、です。が、印伝というのはご存じの通り鹿革で、柔らかく鞣された鹿革はそれほど気になりません。

印伝の質感をモロに楽しめて良いという方もいらっしゃいますね。

今日の一足・トップへ

パナマ表草履に変わり市松柄印伝丸花緒 前壷
パナマ表草履に変わり市松柄印伝丸花緒
パナマ表草履に変わり市松柄印伝丸花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。