南部表付横柾大千両に小桜柄印伝花緒 2014年12月22日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

南部表付横柾大千両に小桜柄印伝花緒

南部表付横柾大千両に小桜柄印伝花緒

今日の一足は南部表付横柾大千両に小桜柄印伝花緒をすげた下駄です。

何度か今日の一足でもご紹介させて頂いている会津桐の下駄。こちらも会津桐の逸品。

通常、下駄というと天(上面)に柾目がくるように下駄にするわけですが、表付の場合は天が隠れてしまいますので、横に柾目を持ってきます。これを横柾【よこまさ】と言います。

こちらの品物はただの横柾、というには忍びないぐらいの存在感。木目が綺麗です。

千両の前歯には菊彫【きくぼり】と言いまして、歯に菊の文様を切込む一手間。裏返した時の見た目を気にした江戸っ子のこだわりです。

今日の一足・トップへ

南部表付横柾大千両に小桜柄印伝花緒 前壷
南部表付横柾大千両に小桜柄印伝花緒
南部表付横柾大千両に小桜柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

下駄・雪駄・草履などの和装履物専門店・丸屋にてお求め頂いたお客様のおしゃれな履物をご紹介するコンテンツ。かわいい・かっこいいコーディネートの参考にご覧ください。
※商品見本ではないため「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。
※掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。



南部表付き大千両
詳細