柾・大角に蜻蛉柄印伝花緒 2013年9月28日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

柾・大角に蜻蛉柄印伝花緒

柾・大角に蜻蛉柄印伝花緒

今日の一足は柾・大角に蜻蛉柄印伝花緒をすげた下駄です。

久々登場の柾物です。
こちらは贅沢に背中合わせに木取をした合い目と呼ばれる品物になります。

背中合わせに木取をすることで左右対称に柾目が入ります。
その利点は履きやすさにあります。
木目が詰まっている部分ほど柔らかく減りやすいので、左右対称に柾目が入る事で歯を均等に減らしやすくなります。
長持ちする、といっても過言ではありません。もちろん、柾の下駄の履きやすさはそれだけではないのですが・・・

紫地に白漆の蜻蛉柄印伝花緒がすがって。
何とも言えない雰囲気のある下駄に仕上がりました。

今日の一足・トップへ



白木大角
詳細