縞表付き相千両に毛切らず・色無地江戸褄花緒 2013年7月26日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

縞表付き相千両に毛切らず・色無地江戸褄花緒

縞表付き相千両に毛切らず・色無地江戸褄花緒

今日の一足は縞表付き相千両に毛切らず・色無地江戸褄花緒をすげた下駄です。

色違いの竹皮を交互に編んで縞にした表と、色違いの生地をついで江戸褄に仕立てた花緒。
どちらも無地の素材ですが、その見せ方で模様に変えた一品です。

夏と言えば烏表、というイメージもありますが、こちらの縞表もどちらかといえば夏向きの表です。烏表は「素足で履いても汚れが目立たない」のがその理由ですが、こちらはなによりも涼しげに見せるという要素があります。

毛切らずの花緒がすがって、どちらも夏仕立ての下駄に仕上がりました。

今日の一足・トップへ



縞表付き相千両
詳細