相小町―婦人下駄―丸屋履物店

婦人下駄

相小町 白木

砥の粉を塗り、浮造り磨きを施した下駄の基本仕上げになります。
汗を吸ってくれるので足当たり良くお履き頂けます。
白木から選ぶ

相小町 白木 相小町 黒捌き 相小町 黒大艶

相小町

丸みを全体に出した女性らしさがうかがえる下駄です。

千両の後ろ歯を台にそって丸く仕上げられ、後丸【あとまる】とも呼ばれる形です。

その昔は若い女性に好まれ、【小町】という呼び名はそこから生まれているようです。

全体的な木の量は多くなるため、重い印象ですが、その分耐久性に優れる形です。

価格表7寸7分
(22~24.5cm)
白木4,000円
黒捌き5,100円
黒大艶5,100円
15,000円より

価格は台のみの価格です。
適用サイズには好みもございます。(表示サイズは目安です)
当店にて花緒をすげていますので、お好みの固さがございましたら購入時にお申し付けください。

通販フォーム
種類: サイズ:
カートを見る

丸屋の定番


Warning: mysqli_connect(): (HY000/2002): No route to host in /home/c4178583/public_html/getaya.org/fgeta/ikomati.php on line 163
接続失敗No route to host