普段着物に ~木綿花緒~ ―丸屋履物店

普段着物に~木綿花緒~

カジュアルに楽しめる花緒 ~木綿~

普段着物にオススメな木綿花緒を丸屋独自に集めてみました。
木綿という素材から、リーズナブルでありながら丈夫な生地が多く、
また無地や縞などのシンプルなデザインはカジュアルにはもってこい。
当店の抱える花緒仕立ての職人さんに特別にお願いをして柔らかく仕立てて頂いているので、足当たりも安心な花緒です。


遠州綿紬

木綿わたの産地として栄えた遠州(浜松)に伝わる木綿織物【遠州綿紬】。
木綿というとどちらかといえばしっかりした厚みのある生地で色濃いイメージですが、
遠州綿紬は明るい淡色が多く、夏の暖かい時期の普段履きや浴衣に合わせる下駄に、というシーンにもピッタリな印象です。


亀田縞

日本一の米どころともされる越後(新潟)の木綿織物【亀田縞】。
農作業をするために試行錯誤し作り出された織物で、泥や水にも強いというのが特徴とされる丈夫な生地。
シンプルな縞模様は台や着物を選ぶことなく、合わせやすく気軽に履ける履物に仕上がる印象です。
丈夫、という面についても普段履きとしてうれしい要素ですね。


会津木綿

夏は暑く、冬は寒いという寒暖差の激しい会津盆地で産まれた木綿は夏涼しく、冬暖かな通年身に付ける事ができる優れもの。
ザックリとした木綿らしい生地ですが、少し履きこむことですぐに生地自体が柔らかくなり履き心地もグンと良くなる花緒です。
無地に縞に、色数も豊富ですので台や着物次第で選択肢が変わっていく、選ぶ楽しさがあります。