ふすべ花緒 入荷しました―丸屋履物店

ふすべ花緒入荷しました

もう一つの印伝・・・ふすべ技法

普通、印伝というと鹿革に漆で加工したものになりますが、もう一つ。
ふすべ技法というものがあります。
それは藁と松脂を燃やした煙で燻して鹿革を着色する方法です。
煙で燻して着色するわけですから、その手間暇といったら大変です。
完成するまでの時間もかかってしまうため、生産量も漆物に比べると極僅かとなります。
袋物や財布によく使われていますが、ふすべの品物は特注扱いされていることもあります。
それだけ希少な品物なのです。

そのふすべが花緒になりました

ふすべ花緒入荷しました  ふすべ花緒入荷しました  ふすべ花緒入荷しました
小桜                      蜻蛉                      菖蒲

袋物や財布になる事が多いため、花緒になることはほとんどありません。
マニア必見の極上の一足です。
無くなり次第終了ですのでお早目にお求めください。
※裏地・前壷には白なめし革を使用した高原仕立てです。

ふすべ花緒入荷しました  ふすべ花緒入荷しました
下駄でも雪駄でも。お好きな方に合わせてみてください。

裏地値段
15mm白なめし13,000円

花緒に関するお問い合わせは【お問い合わせ】よりお願い致します。
お電話でも承ります → 【03-3471-3964】

男物下駄 女物下駄 雪駄 草履 花緒 軽装雪駄 子供の下駄 下駄・雪駄・草履総合