相小町【あいこまち】―婦人下駄―丸屋履物店

婦人下駄


婦人下駄・相小町【あいこまち】

白木を見る 黒捌きを見る

相小町【あいこまち】

千両型の変形で、後ろの歯は丸い歯がついている下駄です。
このことから「後丸」とも言われます。

昔は結婚前の若い女の人が好んで履いていた下駄です。
美人を○○小町と呼ぶ事から、「小町」の名が付いています。

相小町には木そのものの色を生かした白木【しらき】、
カシュ―漆で黒く塗った黒捌き【くろさばき】、
木目を出さない黒塗り・黒大艶【くろおおづや】の三色ございます。
お好みの台をお選びください。
下駄の台の色について詳しくは【下駄の色について】をご参照ください。

価格表七寸六分
(22〜24.5cm)
白木4,000円(税込)
黒捌き5,100円(税込)

適用サイズには好みもございます。
(表示サイズは目安です)
当店にて花緒をすげていますので、お好みの固さがございましたら購入時にお申し付けください。

通販フォーム
種類: サイズ:
カートを見る

お見立て例 ~今日の一足より~

特注花緒
黒捌き・相小町に特注花緒

白なめし革花緒
黒捌き相小町に白なめし花緒

編み三石花緒
黒捌き相小町に編み三石花緒

花柄福林花緒
黒捌き相小町に花柄福林花緒

手もみ本麻水引花緒
黒捌き相小町に手もみ本麻水引花緒